メッセージ
MESSAGE

ダスト・コンソーシアムについて

設立の背景

社会のあらゆるインフラを安心して使っていくため、また産業の効率化を図っていくために無線センサ・ネットワークが果たす役割は広がりつつあります。その中で、自立電源で長年動作し、センサ・データを高い信頼性で送り続けるための、他に例のない無線技術として弊社のDustNetworksの技術が注目を集めています。

無線センサ・ネットワーク・システムは、センサ、無線、電池、アンテナ、筐体、ミドルウエア、データベース、解析アルゴリズム、ユーザーインターフェイスなど、多くの技術を組み合わせた複合技術です。複数の企業が、それぞれの得意な技術を持ち合って、システムを構築する必要があります。

コンセプト

そのような企業が一堂に会し、互いの技術を知り合い、新たなビジネスチャンスを見つけることができる場所として、ダスト・コンソーシアムを設立することにいたしました。

Webサイトでの情報提供や活動報告のほか、定期ミーティングの開催、各企業がお持ちの技術のプレゼンテーション、展示会への出展などの活動を予定しております

リニアテクノロジー株式会社
ダスト・エバンジェリスト
ダスト・コンソーシアム事務局長
小林純一

「ダスト・コンソーシアム」憲章

ダスト・コンソーシアムは、無線で確実に“つなぐ”技術によって、誰もが安心して使用できるインフラの構築や、各種産業のさらなる効率化の実現を目指します。ダスト・ネットワークス(Dust Networks)の技術と、センサ、無線、電池、アンテナ、筐体、データベース、解析アルゴリズム、ユーザーインターフェイスなど、多くの技術を組み合わせた複合技術によるシステム構築をするため、業界間の壁を取り除き新しいビジネスチャンスの場を提供していきます。